後悔だらけの初オンライン英会話レッスン

スポンサーリンク

昨日は未遂に終わってしまいましたが、今日は無事に、初オンライン英会話をレッスンを受講することができました。

日本語の会話すら苦痛なのにオンライン英会話を始めようとした結果…
以下長い前置きです。 オンライン英会話の話だけ読みたい方はこちらからサクっとどうぞ。 ニュース翻訳ブログ?無理無理! 当ブログは過去記を見てもらえばわかるように、もともとは海外ニュースを翻訳するブログでした。 が、1か月ほど...

 

本日の講師は笑顔が素敵なW先生(31歳女性 フィリピン)です。

いやーそれにしても本当に緊張した。だって知らない人といきなり25分もSkypeするんですよ?それもビデオ通話…。

しかし後になって思うのは、声だけよりもビデオの方が相手の表情が見えるので安心するからそこは良かったです。

先生からコールが来て

いきなりスピーカー不調で焦りましたが、DMMは本当に親切で、そんなときのための虎の巻も用意してくれていたのであまり焦らずにすみました。

正確に言うととても焦りましたが、頭がフリーズしなかったので上出来です。

役に立ったフレーズ

Can you hear me?

わたし(の声)が聞こえますか?

I can’t hear you.

よく聞こえません。

まずは自己紹介

DMMのブログに自己紹介用フォーマットがあったので、事前にこれを印刷してから埋めて準備していました。

先に先生が自己紹介をしてくれて、後から私がする流れです。

先生が、Netflixでドラマを見ることが好きなことや、息子さんがいることなどお話してくれましたが、私は自分の自己紹介がうまくできるかで頭がいっぱいで心臓バクバクしながらヘラヘラした顔で「OK, OK」など寝ぼけた返事しかできなかったことが悔やまれました。

息子さんの歳ぐらいは聞き返してみればよかった。

役に立ったフレーズ

This is my first time that I’ve taken an online English lesson.

これが私の初めてのオンライン英会話レッスンです。

I’m a little nervous.

少し緊張しています。

こう言えば良かった

How old is your son?

息子さんはおいくつですか?

レッスン本編

自己紹介もそこそこに、教材を使ったレッスンに入ります。

私はニュース英語に興味があるので、DMMが提供している教材「デイリーニュース」から好きな記事を選びました。

先に結論を言うと、ついていけないほどではないですが、まだ私にはちょっと早いかなという印象でした。次はもっとベーシックな教材を選択しようと思います。

 

今回選択したのは「How to Boost Your Energy Levels – 活力を促進する方法」という記事です。

記事の内容をかいつまんで説明すると、

・疲れやすいなら毎日同じ時間に寝起きしましょう

・疲れてるときに砂糖の入ったもの食べると余計疲れるよ

・スヌーズは無意味だからやめろ、アラームはベッドから遠いところに置きましょう

といった具合です。

 

この記事を先生が先にパラグラフごとに読み上げて、私はそれに続いて読んでいきます。

この時発音をとてもほめてもらえたのが嬉しかったです。Amazon primeやHuluでよく海外ドラマを見るのでそれが活きていたのだとモチベーションが上がりました。

 

次に、元記事を見てもらえればわかるのですが、「Questions」という国語の問題のようなものを口頭で解きます。

これは元の文章の中に答えがある&事前に答えを予習していたのでドヤ顔で回答しました。

 

その後は「Discussion」、さらに「Further Discussion」に進みます。

が、私は正直25分でここまで進まないだろうとタカをくくっていたため、全く予習しておらずぶっつけ本番でディスカッションするハメになり、それはそれはズタボロな結果に終わりました。。

 

そしてよりによって、用意された質問が「なぜ週末はたくさん寝るのですか?」だの「なぜあなたはスヌーズボタンを押すのですか?」だのだったので、ことごとく答えが ”Because I’m tired…” の連発で情けない限りでした…。

しかも、「What time do you usually go to bed?」的なことを聞かれたときに、「本当は11時に寝たいけど実際は12時」と答えたかったのですが、言葉に詰まってしまい “around 11.”と答えました。

そして次に「What time do you usually get up?」と聞かれ、「本当は7時に起きたいけど実際は8時」と答えたかったのですが、これも言えずに “around 8.” と答えました。

すると先生は「9時間睡眠なの!長いね!」的な反応を返してくれたのですが、これがなんだか妙に恥ずかしかったのです。。ほんとは8時間なのに。。

こう答えれば良かった

I usually go to bed around midnight. but actually I hope to go to bed around 11 o’clock.

私は通常0時頃に寝ます。しかし実際には11時頃寝ることを望んでいます。

教えてもらったフレーズ

I’m not very good at waking up early.

私は早起きが苦手です。

Because going to work is tiring.

なぜなら仕事に行くことは疲れるから。

次の目標

Would you type it in chatbox? とお願いする

今回のレッスンで本当にしていることは、ほかにも私の言いたかったこと、例えば「仕事じゃなくて通勤が疲れる」などの文を、ボロボロEnglishからきれいな英語に直してもらったものがいくつかありました。

しかしその場では会話が通じた(汲み取ってもらえた)ことが嬉しくて&ほっとしてしまい、その表現をタイプしてもらうことを忘れてしまいました。せっかくのSkypeレッスンなのにもったいないですよね。

忘れた、というよりそんな余裕がカケラもなかったのです…。

先生の自己紹介に一つリアクションを入れる

今回は教材を読み上げるだけで終わってしまったので、次回はMe too でも質問返しでもなんでもいいので、1回は先生が発したワードを拾って双方向のコミュニケーションができるようチャレンジしてみたいです。

もう一度同じレッスンを別の先生で受講する

あとから調べて “こう答えれば良かったのか” と思ったフレーズや、先生に教わったフレーズを交えて「Discussion」に回答できるようにし、復習します。

 

記事の内容もよかったです。さっそく明日の朝から目覚ましは遠いところに置いて、スヌーズを押さないように頑張ってみることにします。

See you next time. Bye bye.